にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村

2016年3月18日金曜日

小泉・竹中構造改革は日本を不幸にした!

まずは、以下の引用を
小泉純一郎に関しても、「郵政民営化と小泉は正しい」とあれだけマスゴミが総力を挙げて持ち上げて善人にすることに成功したが、結局は米国に日本の資金と資本(企業)を丸ごと提供するためだけの人物ということがバレた。 そのツケが今もなお積み重なっており、小泉が日本人にしたことは年間3万人を超える自殺者を生み出し、国民の資産や税金を盗むのに加担した「大泥棒」であり「殺人者」なのである。
悪人と喧伝される者は善人である|ライジング・サン(甦る日本)
1998年の橋本龍太郎首相から始まった緊縮財政を、2001年に首相なった小泉氏と竹中氏のコンビが継続して行い…。
丁度、1998年から今まで、給料減少と自殺者3万人超えが18年間続いています。

橋本首相と小泉・竹中コンビは、一億総中流だった日本を、この18年間で、一億総ビンボーにしてしまいました。
橋本首相と小泉・竹中コンビは、また、単純に計算して約54万人を自殺に追い込んだのですね。

小泉・竹中コンビの行った構造改革は、日本的な良いシステムを破壊し、アメリカ的な個人・拝金主義的なシステムにした結果、国民の資産や税金がアメリカに持っていかれて、給料が減少し、自殺者がi一年間で3万人を超える報いが来たのだと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿