にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村

2016年3月15日火曜日

日銀とデフレ脱却の切り札

以下のように、前回、前々回とデフレ脱却の切り札をご紹介してきました。
今回はその3弾です!

まず、デフレとは、経済全体で見た場合、需要が小で供給が大となり、需要と供給のバランスが崩れることです。
需要が小で供給が大になると、当然の如く物価が持続的に下落していきます。

それは、同時に貨幣価値の上昇も意味するのです。
同じ金額の貨幣でより多くのものを買えるようになるからです。

では、逆に貨幣価値を下落させれば物価は上昇し、デフレ脱却ができるわけです。
貨幣価値を下落させるには、貨幣供給量を増やせばいいわけです!

実は、日銀(日本銀行)は紙幣を沢山刷って、お金を供給量することができるのです。
つまり、日本は、日銀がお金を沢山供給すれば、すぐにデフレ脱却ができるのです!

しかし、日銀はそれをしません。
日銀は、インフレが大嫌いなのです。

インフレになれば、貨幣価値が下落するので、お金持ちの人(国はセレブが支配?)はそれを望まないです。
確かに、供給するものがなくて、貨幣(需要)を増やせば、問題がありますが、今の日本は供給能力があり余っていて、デフレギャップが40兆を上回っているとのことです。

なので、現状、日銀は理論上40兆までお金を供給すると丁度、需要と供給がつり合い、デフレ脱却ができるのです。
しかし、日銀はそれをしません。

ある意味、日銀がデフレ脱却の切り札を握っているのですね。これが!

0 件のコメント:

コメントを投稿